VirtualBox上のCentOSからネットワークにつなぐまでの方法

こんにちは、徳田です。

サーバー環境をローカルで作りたくて VirtualBoxを使っているのですが、使い始めた頃、ネットワークに繋ぐまでがすごく時間がかかってしまった覚えがあります。

その時の手順を忘れないうちに残しておこうと思います。

VittualBox上の設定

対象の仮想マシンの設定を開きます。

ネットワークのアダプター2に「ホストオンリーアダプター」を割り当てます。

ホストオンリーアダプター設定

CentOS上の設定

/etc/sysconfig/network-scripts  に移動します。

ディレクトリ内の「ifcfg-eth0」と「ifcfg-eth1」を編集します。

ifcfg-eth0 の設定
ONBOOT=no → ONBOOT=yes

に変更。

ifcfg-eth0設定

ifcfg-eth1 の設定
BOOTPROTO=dhcp  → BOOTPROTO=static

に変更。

IPアドレスとサブネットマスクの記述を追加。

IPADDR=192.168.56.10 NETMASK=255.255.255.0

※  サブネットマスクや IPの設定は適当です、ちゃんと勉強しないと…

ifcfg-eth1設定

設定を反映

ネットワークを再起動して設定を反映させます。

/etc/init.d/network  restart

これで、繋がるようになったはず。

先ほど設定したIPアドレスに 本体のマシンからpingを送ってみます。

…おっ

ping送信

繋がりました!

これで、色々更新したり弄れるようになりました。


試したい事の前に、環境構築が面倒というのは結構あるので、少しでも参考になれば幸いです。

それでは、また。

VirtualBox上のCentOSからネットワークにつなぐまでの方法
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

▼この記事をみんなに教えよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告