【イベントレポート】第1回 Photon クライアントサイド勉強会 @渋谷

2015_08_04_01

こんにちは。PhotonとPythonを見間違えるようになった西松(@output_log)です。

2015年8月4日(火)、Photonのクライアントサイド勉強会に参加してきました。

サーバーサイドの勉強会は何度も開催されているようですが、クライアントサイドは1回目になるんですね。

Unity関連、クライアントサイドということで興味ありです!

タイトル 発表者
Effective PUN 山本昇平 様(Photon運営事務局 テクニカルアドバイザー)
LT @toRisouP
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

予備知識

Photonとは

Photonはさまざまなゲーム開発環境で使えるネットワークエンジンです。
「Photon Realtime」とは、Android™やiPhone®、ウェブブラウザなど、様々なプラット フォームにおいて、リアルタイム、マルチプレイヤー、マッチメイキングに対応したサーバーシステムをパッケージにてご提供する、オンラインゲーム開発エンジンです。

↑公式より引用。

クラウド型とミドルウェア型が存在する。

4つのエンジン

4つのエンジンがあり、利用目的によって使い分ける。

・Photon Realtime

・Photon Server

・Photon Turnbased

・Photon Chat

導入事例

・聖剣伝説 RISE of MANA

・リトルノア

・ダンジョンズ & ゴルフ

・ファミスタ ドリームマッチ

・etc

Effective PUN

PUN (Photon Unity Networking) の特徴

・サーバーと接続するには、staticクラスのメソッドを呼ぶだけ

・ロビー → ルームの順に接続

・NativeSDKをUnityで使いやすくしたもの

・インポートするだけで利用可能

オブジェクトの同期

・PhotonViewコンポーネントをアタッチするだけ

・コーディング不要

・Animatorも同期できる

プログラム周り

RPCの設定など、色々と細かく設定できるようです。

プログラムの話を中心に話されました。

残念ながらメモが追い付かず、内容が・・・書けない・・・。

プログラムを紹介後、デモを見せていただくのですが、その度に「おー!すごい!」と驚いていたことは覚えています。。。

LT

PhotonRXの紹介。

PUNをUniRxで扱いやすくするライブラリ。

発表者の方が自作したもので、GitHubで公開中。

イベントページはこちら

所感

いつもの如く、下調べをあまりせずに参加しました。

Photonって何?・・・みたいなことを思っている私にも分かりやすいよう、丁寧に説明していただきました。

既に導入されているタイトルも有名ですね!

公式ページではインタビュー記事が掲載されており、読み応えがあります。

いい勉強になりました!

ではでは!

【イベントレポート】第1回 Photon クライアントサイド勉強会 @渋谷
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

▼この記事をみんなに教えよう!

スポンサーリンク