「伝え方が9割」シリーズから学ぶ!印象に残る言葉の作り方

0726_1

文章を考えているとき、なにかパッとせず、いい言い回しが思いつかない。

そんな時ってありませんか?

私はブログを始めるようになり、よく考えるようになりました。

そこで「伝え方が9割」シリーズの本を読み、これはすぐにでも使えそう!
と思ったものを3つご紹介します。

サプライズ法

サプライズワードを入れることで、相手の心を動かす

一番簡単なサプライズワードは「 ! 」。
あるかないかで印象が変わりますね。
これならすぐに使えて、効果的ですね!

他にも「あ、~」「そうだ、~」「ほら、~」等が紹介されていました。

リピート法

リピートすると、その言葉が相手の頭の中に残ります

伝えたい言葉を決めて、繰り返す。
非常にシンプルですね!

「長い階段」 より 「長い、長い階段」

繰り返すことによって、とっても長そうな印象を受けます。

ナンバー法

文章の中に数字が入ると目を引き、説得力が増す。
偶数は優しいけど弱い。
奇数はエッジがあり強い。

記事のタイトルで見ることが多い印象を受けます。

「お勧めのツール6選」 より 「お勧めのツール7選」

偶数、奇数については言われてみれば確かにと思いました。
印象付けたいなら奇数を使うように意識しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

まとめ

いかがでしたでしょうか。
以上のテクニックを用いて、より印象に残る言葉が作れたらと思います。
私も日々精進です。。

今回紹介したのは3つですが、実は全部で8つ存在します。
「伝え方が9割 2」に全て紹介されているので、気になった方は是非読んでみてください!

「伝え方が9割」シリーズから学ぶ!印象に残る言葉の作り方
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

▼この記事をみんなに教えよう!

スポンサーリンク